2006年10月29日

パソコンからFAX!?・・・その方法

 昨日、パソコンから直接FAXをしたという話をしました。



 パソコンからFAX、と言いますと、やれブロードバンドだの、やれIP電話だの・・・と叫ばれている昨今にあって、いささかアンティーク(!?)な響きにも聞こえそうなものなのですが、例えば申込先に於いて、受付窓口としての電子メールアドレスやWEBサイトが備わっておらず、郵送やFAXで受付します・・・という場面に於いて使えるわけですね。




 改めて申し上げるならば、パソコンからでも、余計なアプリケーション・ソフトを購入すること無く、FAX送信が出来るんです!




 OS標準添付のモノで!




 但し、お使いのPCにアナログ・モデムが取り付けられている必要がありますが(勿論電話線に繋がっているという前提ですよ)・・・




 それさえ満たしていればパソコンとプリンターという基礎的組み合わせだけでもよろしいのですが、そこにイメージスキャナも繋がっていれば手持ちの紙の書類(パソコンにデータとして入っていない書類)であってもパソコンからのFAX送信が可能です。







 それでは、これから説明に入ります。




 OSといってもWindows-XP前提で話を進める形となりますが、実はこのFAX機能、セットアップしただけの状態では入っていません。




 OSのインストール(セットアップ)終了後、追加でインストールする必要があります。



 方法は、まずコントロールパネルを開いて「プログラムの追加と削除」を選択、そこで「Windowsコンポーネントの追加と削除」を選択します。



 すると”Windowsコンポーネントウィザード”が開きますので、この中のコンポーネント一覧の最初に出てくる「FAXサービス」にチェックを入れます。



 そしてWindows-XPのCD−ROMをドライブにセットしたあと、「次へ」のボタンをクリックしますと「FAXサービス」の追加インストールが行われます。これによってFAX機能が使えるようになるわけです。






 で、いよいよ実際に使う場面の話に移りますが・・・






 ゴメンナサイ!!



 続きは次回のお楽しみということで!!
この記事へのコメント
vistaでも可能ですか
Posted by 米山政史 at 2007年08月12日 07:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。