2007年01月26日

「あるある大事典」の”納豆ダイエット”捏造問題から見える知的財産権問題・・・あるネット記事から

 今年初めにフジテレビ系で放映されました健康情報番組「あるある大事典」の”納豆ダイエット”の放映内容が捏造されたものだったことが発覚して大騒ぎになったことは、各種メディアによる報道で、ご存じのことかと思います。





 その捏造問題を巡って、今日(26日)付けで「PJ NEWS」(livedoorニュース)に掲載された『関西テレビ捏造に透ける知的財産権の軽さ』という記事は、一学者の研究成果を勝手に引用した上にその引用元を勝手に変えたという行為は番組制作という知的財産の創造に携わる者としてあるまじきことだとバッサリ断じています。



 更に、一放送局による視聴率狙いが目的の番組内容の捏造は、視聴率次第でCM収入に大きく響く放送業界にあっては、いわば粉飾決算に等しい行為であり、更に番組の捏造によって本当に視聴率が上がって時間あたりのCM単価を押し上げるようなことがあったならばそれは詐欺であり、立派な経済犯罪だ、とも厳しく批判しています。





 まあ、信用を大きく損ねたということですね。





 ネットビジネスの世界でいうならば、情報商材のアフィリエイトで、報酬率に目がくらむあまり、巷で悪評の立っているような情報商材をうっかりアフィリしまくろうなら・・・。




 少々強引な言い回しになりましたが、アフィリエイトも実は販売行為とそんなに変わりがないかな、と最近になって感じ始めている私自身・・・アフィリエイトするならば”人に喜ばれるアフィリエイト”を目指すが自分のためにもなりますしね。





 根気よく!《尤も私自身は人に言える立場ではありませんが…》
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。