2007年02月07日

ついに「1億総モバイル時代」突入へ・・・国内の携帯・PHS契約件数発表

 一億総モバイル時代、という言い方はちょっと変なのかもしれませんが、とうとう本当にそう言える時代へと突入しましたね。





 今日(7日)付けで「NIKKEI NET」に掲載された『携帯とPHSの契約総数が1億件突破・1月末時点』という記事によりますと、1月末時点での携帯電話及びPHSの合計契約総数は1億22万件余りと、件数として初めて1億の大台を突破した形となりました。




 内訳は、携帯電話が9531万5000件(前月比0.4%増)、PHSが490万9000件(前月比0.4%増)とのこと。




 ちなみに携帯電話のみの契約件数では日本は世界6位。トップはさすが人口13億を抱える中国で約4億5000万件(これでも中国全人口の約35%!)。2位はアメリカの約2億3000万件で、この他ロシア・インド・ブラジルの3カ国でも1億件を超えているそうです。




 今後は「2台目需要」の掘り起こし等がモバイル(携帯・PHS)業界全体の課題とされるところですが、そう言えば今年は携帯アフィリエイト&オークションが益々熱くなるようなこともちらほら聞かれますね、メルマガとかで・・・






 私もやらなくっちゃ・・・・・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。