2007年02月14日

”ブランディング”に纏わる小さな話・・・

 ネットビジネスの世界でも、少し前から、”ブランディング”という言葉を耳にするようになってきているみたいですね(寝ぼけたことを言うな、てか…)。



 私自身も時折様々なサイトを回ってみてはこの”ブランディング”という言葉を何度か目にしたものでした(今は・・・ああ、お恥ずかしい!)。







 その”ブランディング”に関して興味深いコラムを「NIKKEI NET」にて見つけることが出来ました。



 今日(14日)付で掲載された「ブランドの価値とそのメリット<理論編>
ブランドとは、何だろう?
」という2ページ構成のコラム。実はこの記事は連載企画「リーダーのためのブランドづくり」の初回記事にあたるものになりますが、この中で、終戦直後のようなモノが不足していた頃はまさに「モノを作れば売れる」ものだったのが、現在のようにモノが豊富にあるようになってくると、ただ単に便利なモノを作っただけでは価格の安いほうに人々が流れる結果となり、収益は下がる。しかも今はグローバル社会、国際規模で激しい競争が繰り広げられている・・・そこで、そんな激しい競争にも勝ち抜くため、自らの”ブランド”というものを確立する必要に迫られるようになった、と語っています。






 参入者が相次いでいるネットビジネス界に於いても同じことが言えそうですね・・・



 その他大勢にならえ、ではなく、どこか自分独自の”色彩”というものを出しながら展開させていく。




 大切ですね・・・あ、私もだ!
この記事へのコメント
Inobutaさん、お久しぶりです。
朝霞海帆(みほ)です。
相変らずがんばっていらっしゃいますね。

私は一度ブログを休止したのですが、復活しました。
URLは同じですが、内容は全くかわりました。
相互リンクは中止させてもらったのですが、お気に入りに入れさせてもらいました。^^

InobutaさんはJazzNeko時代から、鋭い考察力と面白い視点をもたれていて尊敬しています。
これからも応援していますね。
ポチ!
Posted by 朝霞海帆(みほ) at 2007年02月16日 01:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。