2007年01月10日

実地店舗でも実践か・・・「ロングテール」

 ネットショップ、物販アフィリエイト等のネットビジネスの展開に際して基礎の一つとして「ロングテールの法則」が叫ばれているところですが、ネット上ではなく実地の店舗でこれを採り入れて実践しているところがあります。





 今日(1月10日)付けで「NIKKEI NET」に掲載された全2ページ構成のコラム記事『社長の愛した数式〜第16回「駅前進出急ぐヤマダ電機にみるロングテール型経営の数式」』の中で、ここのところ成長著しい関東系家電量販店のヤマダ電機が、現在計画しているの都市部への進出に際し、この「ロングテール」の考え方を採り入れて勝ち抜こうとしていることが紹介されています。




 詳しくは記事内容に譲ることとして、”「パレートの法則(80‐20の法則)」に対するアンチテーゼ”ともいわれているこの「ロングテール」がネット上にとどまらず実地の店舗にも広がっているという事実・・・







 私も関心を持ってヤマダ電機の今後の動きを見守りたいと想います。



 ま、お手本の一つとしても・・・
posted by inobuta at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談
2007年01月06日

持ち出されたくない書類に最適な磁性体入り紙の開発・・・

 先日、重要書類等をICタグを使って管理できるシステム一式が発売されるという記事を前置きの中で紹介しましたが、今日「NIKKEI NET」に掲載された『文書の不正持ち出し防ぐ特殊紙、富士ゼロックスと王子が開発』という記事によると、そこから更に一歩進んで、電磁波に反応する磁性体を織り込んだ紙をこのほど開発、主に企業・官公庁向けに売り込むとのこと。




 従来の紙と同様に使える一方で出入り口に設置されているセンサー等で書類の出入りのチェックも出来るようになり、内部文書の不正持ち出しを防ぐ効果があるとのこと。




 先日紹介しましたICタグによる文書管理の話を思い出させますね・・・






 で、例えば一部情報商材では、PDF形式の他、冊子形式でも販売しているものがありますが、それにこの用紙を使うことで、少なくともセンサーのある場所では持ち出されるのを防げそうですね・・・





 センサーなどの設備がなければ意味無いってか・・・
posted by inobuta at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑談
2007年01月05日

CATV業界最大手が光ファイバー回線に挑戦か・・・

 現在私の住むマンションにはJ−COMのCATVが入っており(ただマンション自体は築20年以上経過していて、CATVは勿論後付け)、私のところではそのCATVのインターネット接続サービスに加入しています。




 そのため、光ファイバーには及ばないものの、一応ブロードバンド環境下にあるわけです。




 で、そのCATV最大手であるJ−COMがこの4月からその光ファイバーに挑む構えとか・・・




 今日「NIKKEI NET」に掲載された『CATV大手のJCOM、高速ネット接続に参入』という記事の中で、NTT東西の供給する最大毎秒100メガビットの光ファイバーによるインターネット接続サービス等に対抗し、最大で毎秒160メガビットの高速インターネットサービスを来る4月から始まるそうで・・・






 うちにも何らかの案内来るだろうか。今のところ何の話もないけれども…




 でも早くなるのは嬉しいことですね。あとは料金面でどうなるか、ユーザの一人として注目していきたいです。
posted by inobuta at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談
2007年01月01日

植物にも運命の定めが・・・

 新年明けましておめでとうございます。



 大晦日からの日付の変わり目に今宮戎に初詣。だがおみくじは「」・・・



 今年1年、気を引き締めなければ自ら災いをかぶることにもなりかねませんね・・・




 ところで、『不幸でも不運でも「勇気と寛容」で1年を過ごしたい』というコラム記事が今日「NIKKEI NET」に掲載されました。



 その初めのほうに記されている一節に、動物と同じく植物にも”運命”というものが宿っている。でも植物自体は何も悩んでいない・・・と記されています。






 この部分だけでも見習うべきでは・・・と思うのは私だけ?
posted by inobuta at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談
2006年12月26日

サポートの話・・・「コールセンター」設置についてのはなし

 家電の購入前相談や、パソコン操作でサポートを受けてもらう等のために「コールセンター」を利用されたこと、ありますか?



 この「コールセンター」なるもの、何処に設置されるかが一時期話題となったことがありましたね。




 日本国内の場合だと、これは昨年掲載の記事になりますが、読売新聞のサイト「YOMIURI ONLINE」に掲載された『コールセンター 地方自治体誘致合戦』という記事にもありますように、各種コールセンターの地方への設置が結果的に設置を受ける地方に於けるまとまった数の新たな雇用創出につながる、ということで地方自治体が、誘致に際してあれこれ特典を付けたりする等、熱いラブコールを発していることが触れられています。




 とかく大都市圏と地方との雇用格差が大きな社会問題の一つとなっている中にあって、この「コールセンター」なる存在は厳しい雇用実態を抱える地方の自治体にとってはまさに”頼みの綱”的存在と捉えている向きが強いようです。



 東京などの大都市に住んでいて、指定されたコールセンターにかけてみると、そのつながった先はとんでもない田舎・・・・・・ということも十分あり得るわけで(勿論「とんでもない田舎に置かれたコールセンター」と言うべきでしょうけれども)。



 これが海外、とりわけ欧米諸国になってくると、国と国との垣根をも越えてしまうわけで、今日(12月26日)「NIKKEI NET」に掲載された『フィリピンにコールセンター、欧米が相次ぎ開設――雇用10万人』という記事にもありますが、最近欧米企業がフィリピンにコールセンターを置く動きが盛んになってきているようです。



 この場合、やはり最大のファクターは「人件費の安さ」となってくるみたいですね。



 また、これは以前確かテレビで見聞きしたことなのですが、確かアメリカの企業が、人件費に加えて時差も考慮に入れてインドにコールセンターを置いているとか・・・インドも人件費の安さで世界中からラブコールがかかっているとか。





 情報インフラの進化もあってか、何処にあってもサポートをしたりされたりというのが可能になってきている、ということでしょうかね・・・






 あ、情報起業家にしても、モバイルPC1台さえあれば、例え旅行中であってもメールサポートを行うことが可能だったりしますね(さすがに電話サポートの実施は困難でしょうけれども)・・・





 世界規模の「サポートセンター」の設置競争・・・これもまた情報インフラの整備に伴う産物、ということができるでしょうか。



 考えさせられるところですネ・・・
posted by inobuta at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談
2006年12月25日

「NIKKEI NET」の”IT PLUS”恒例の専門家アンケートから・・・来年は”アレ”もですか

 今日(12月25日)「NIKKEI NET」内の「IT PLUS」に掲載された年末恒例の『専門家アンケート』の第2弾、”2007年注目のサービス・人物・会社は?”に、アフィリエイト等をされている方ならば思わず目を引くであろう、”アレ”も挙がっていました。




 『「検索エンジン最適化」(SEO)の進展
 《大和インベスター・リレーションズ理事 米山徹幸》




 このコメント記事によると、今や各種報道メディアが持つニュースサイトへのアクセスのうちの3割が検索エンジン経由で占められており、この現状から各ニュースサイトでは記事見出しについて長くなりすぎないよう字数制限を行ったりしているとか。




 物販アフィリはもちろんのこと、サイトを所有している人は、より多くの人に読んでもらおうとするならば、否応なしに検索エンジンを気にせざるを得ない状況に今後益々なりつつある、というべきなのでしょうか。






 いっそう悩ましい限り・・・
posted by inobuta at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談
2006年12月23日

「NIKKEI NET」発表の今年の”IT・10大ニュース”

 年の瀬も押し迫ってきましたね。



 そんな中、「NIKKEI NET」に昨日付で『IT PLUS恒例・専門家アンケート(1)今年の「IT10大ニュース」発表』という記事が掲載されていました。





 その記事の中で、第1位に挙がっていたのが、



  グーグルがユーチューブ買収。動画投稿サイトがブレーク



 となっていました。





 すっかりお馴染みの存在となっているんですね、「ユーチューブ」って…
posted by inobuta at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談
2006年12月13日

”年末年始に欲しいモノ”に関するアンケート調査・・・

 今年も残すところあと半分となってしまいそうですね・・・




 そんな中、「NIKKEI NET」に以下のような記事が今日(12月13日)掲載されました。その前半部分を引用してみますと・・・



薄型テレビ、「欲しい」「「買う予定がある(買った)」デジタル製品で首位

 全国のネット利用者に、この年末・年始商戦で欲しいデジタル製品、買う予定がある(買った)デジタル製品は何かそれぞれアンケート調査で聞いたところ、薄型テレビがともにトップになった。携帯電話、DVDレコーダーも両分野の回答で上位に入った。

・・・・・(以下略)・・・・・



調査を行ったのはお小遣いサイトで「アンケートで稼ぐ」サイトの一つとしてしばしば紹介されているマクロミルという会社で、全国の18歳以上のネット利用者1000人を対象に行ったとのこと。




 ちなみに私も薄型テレビは、場所をとらないという点では注目をしているのですが、いかんせん経済状態が厳しいのと5年後に迫っているデジタル放送への完全移行との兼ね合いもあって、なかなか手が出せないというのが現状…





 それはともかく、このような記事を拾ってみてふと思うのは、物販のアフィリエイトを行うにあたり、このような消費動向というものを常に掴むというのも欠かせないことの一つといえそうですね・・・




 尤も私自身はまだとてもそこまでのレヴェルにはいっていませんが・・・



 とにもかくにも手を動かさなくっちゃ・・・
posted by inobuta at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談
2006年12月12日

ジャストシステム、ようやくMSと本格対決か・・・総合パッケージ「Suite」記者発表

 実は私自身、ワープロソフトとしてはジャストシステムの「一太郎」をずっと愛用し続けています。



 それもNECのPC98が健在だった時分から・・・《実は私も、昔、PC98のユーザーの一人でした。尤も、ただ触っていただけのユーザーでしたが》



 最近では、使用フォントの関係から、「一太郎」とマイクロソフト(MS)の「Office」の併存体制をとってきているわけですが《「一太郎」だけだと使えるフォントの数が限られるんです。ちなみに現在使用の「一太郎」は2004年版です》、それでも文書作成では基本的に「一太郎」を第一に使います。



 文書画面に罫線が表示され、それに沿って文字入力が出来るというスタイルですっかり慣れきっている私・・・バックの画面は自由に変えることが出来、私は「森の渓流」にしています。まさしく森の中に居る気分にさせてくれますね・・・






 ところで、その「一太郎」の製造元であるジャストシステムが、ここにきてようやくMSと真っ向から対決する動きを見せているようで・・・




ジャストシステム、初の統合業務ソフト「JUST Suite 2007」発売・「一太郎」など7製品をパッケージ

 ジャストシステムは12日、グーグル検索との連携機能などを備えた新版ワープロソフト「一太郎2007」や表計算ソフト「三四郎2007」などを1パッケージにした初の統合業務ソフト「JUST Suite 2007」を2月9日に発売すると発表した。新開発のプレゼンテーションソフト「Agree 2007」を加え、米マイクロソフト「Office」シリーズの対抗製品と位置づける。Suiteで年間30万本、一太郎単体で年間70万本の販売を見込んでいる。

・・・・・(以下略)・・・・・




 記事には販売価格も記されていて、なんと「2万6250円」!



 MSの「Office」のスタンダード版の半額以下とか・・・





 私、大いに食指が動きそうです・・・



 それにしても、その金額で大丈夫なのか、ジャストシステム・・・・・・
posted by inobuta at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談
2006年12月09日

スーパーの「セルフレジ」拡大・・・

 スーパーマーケットに於ける「セルフレジ」導入の話題はここのところ新聞とかでちらほらと報道されているところなのですが、今朝、「NIKKEI NET」に掲載された以下の記事・・・




 『「セルフレジ」導入拡大、スーパーなど人手不足で』

 買い物客が自分で商品のバーコードを機械に読み取らせて会計する「セルフレジ」の導入がスーパーを中心に進んでいる。大手のイオンや地方の食品スーパーが相次いで拡大計画を打ち出した。パート確保が難しくなっているためで、人件費抑制のほかに顧客のレジ待ち時間を短縮できる利点がある。

 イオンは総合スーパー「ジャスコ」や食品スーパー「マックスバリュ」など関東以西の直営19店にセルフレジを導入した。これを2008年2月期末までに30店以上に増やす計画。1店あたり4―8台を設置する。通常のレジに比べて人員配置は4分の1で済む。




 「セルフレジ」・・・レジ精算に於いて気兼ねしないで済む点においては嬉しいのですが、特に買い物の点数が多いときなど、やはり一定の慣れは必要かも。






 私だったら、やはり気兼ねのいらないという点で、概ね「セルフレジ」を支持しそう・・・ 
posted by inobuta at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談
2006年11月25日

個人情報に関する内閣府調査から・・・

 今日(11月25日)の夜に「NIKKEI NET」に掲載された記事・・・


 『個人情報「漏れているのではと感じる」7割・内閣府調査

 内閣府が25日付で発表した「個人情報保護に関する世論調査」によると、「個人情報が漏れているのではと感じる」という回答が71.1%、「他人に提供されているのではと感じる」も72.6%にのぼった。
 一方で、防災や防犯のための利用には約9割が賛成。個人情報保護に不安を感じながらも、状況に応じた柔軟な活用を要望していることがうかがえる。調査は9月下旬から10月上旬にかけて全国の成人男女3000人を対象に実施、回収率は60.4%だった。

・・・・・(以下略)・・・・・



 ここのところ、主要企業による情報漏洩が相次ぎ、大きな社会問題となっていますね。



 ネットショッピングしていたら、暫くしてDMが次々と送られてくるようになった・・・という話をよく見聞きする昨今。



 まだDMが届くだけならば、ゴミ箱直行とするなど、無視さえすれば済むようなものなのですが、いわゆる「振り込め詐欺」に発展してしまうケースもあり(架空請求のハガキなどによる)、深刻です。



 かくいう私も今までに2度、架空請求のハガキが舞い込んできました。受け取った時点ではやはり不安になったものでしたが、インターネットで確認したところ、何れも詐欺くさいものとわかり、無視することに決めて結果助かった経緯があります《ちなみに私自身も、頻繁ではありませんが、ネット通販を何度か利用してきています(「○天」とか)》。





 これからは一人一人が、ネットショッピングを利用したり懸賞に応募したりする等の場面に於いて、自らの個人情報を、ただただ指示されるままに記入等をしていくのではなく、”一定の危機感”を持ちつつ記入等していくべきかもしれませんね・・・



 私も気をつけたいと思います・・・
posted by inobuta at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談
2006年11月20日

「魔法のiらんど」に見る・・・快適なネットライフ実現のための取り組み

 皆さんは「魔法のiらんど」といえば何を連想されますか。




 私だったら・・・といいますか、この名前は携帯用ホームページとかでよく目にした記憶があるので、携帯向けホームページ作成のためのスペース等を提供してくれるところ、といったところですね。




 ところが、今日(11月20日)、産経新聞WEBに「魔法のiらんど サイトの“荒れ”を『アイポリス』が監視」というタイトルの記事がアップされ、ネット上で発生しているあらゆる社会問題にいち早く取り組んでいることが紹介されています。




 記事の一部を引用しますと・・・



 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やブログなどの利用者参加型メディアが急速に浸透する一方で、著作権侵害や誹謗(ひぼう)中傷が横行し、最近ではネットを使ったいじめも社会問題化している。こうした問題に7年も前から取り組み、成果を上げているのが無料ホームページ作成サービスを提供する「魔法のiらんど」だ。システムや人力による監視活動を続け、利用者のネットリテラシー(インターネットを使いこなす能力)を向上させることでサイトの“荒れ”を防いでいる.

・・・・・(中略)・・・・・

 平成11年12月にサービスを開始した際には、何の宣伝もしないのに初日に300件のアクセスがあり、1週間後には3万件に増え、3カ月後には120万件になった。しかし、1週間もしないうちにサイトには援助交際やアダルト情報などが飛び交いだした。利用者の中心は女子学生だったため、谷井玲社長は早急に対応策を取った。それがネット監視機能「アイポリス」だ。

 魔法のiらんどは約3000の禁止語句を定め、システムで監視している。禁止語句は現在も増加中だが、語句だけでは抜けが多いため、12〜13人の「アイポリス」が年中無休で著作権や公序良俗に違反する情報がないかどうか、掲示板やホームページの目視チェックを行っている。

・・・・・(以下略)・・・・・



 これは私自身も知りませんでした。あの「魔法のiらんど」がネット上で散見される誹謗中傷等にいち早く取り組んでいるとは・・・



 でも、ネット上に於いても真に安心して利用できる環境の実現にはこういった取り組みは現実問題として必要不可欠ということが出来ると思います。



 今後も見守っていきたいところですね・・・
posted by inobuta at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談
2006年11月17日

今ホットなゲーム機市場・・・「PS3」と「Wii」

 今、ゲーム機の最新機種の販売合戦が熱を帯びているようですね。




 先日の「PS3」(SCE)に続き、来月2日には「Wii」(任天堂)の発売開始が控えているわけですが、今日(11月17日)「NIKKEI NET」に掲載された



 『任天堂、DVD再生対応Wiiを正式発表・予約攻防戦も始まる



という記事にもありますが、予約受付段階から「Wii」は「PS3」を凌ぐ(いや、超える!?)人気を博している模様ですね。アマゾンは予約受付を開始してから僅か数分で受付中止・・・こりゃ凄まじい。





 そんな一方で、先に発売された「PS3」については、発売当日に長蛇の列が出来るほどの人気を博した一方で、発売前後に於いて「PS3」の先行き不安説もいくつか囁かれているようで・・・



  「PS3発売前に これだけの不安
  「ヤフオク早くも暴落! 「PS3」人気説に大疑問
   《何れも『J-CASTニュース』より》



このままでは「Wii」に飲まれてしまう気配・・・私もCM等で「Wii」のことを見聞きしているのですが、その際に抱いた印象として、今までのゲーム機にはない楽しみ方というものが「Wii」では用意されているみたいですね。





 お終いにもう一つ、これは『Watch Impress』の”PC Watch”に今日アップされた記事・・・



 「なぜ米国のPS3発売は日本以上に過熱しているのか



 記事を一見した限りではアメリカにはけ口を求めているように見えそうなところなのですが、そう単純にはいかないようですね・・・
posted by inobuta at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 雑談
2006年11月14日

先月グーグル・サイトマップに登録&送信したアフィリブログのその後・・・

 今日(11月14日)、着手してから1週間以上を費やして、ようやく一つの物販アフィリブログ(ダイエット絡み)を一通り完成させ、グーグル・サイトマップ(Google Sitemap)等へのURL登録等にこぎ着けました。



 それで、もののついでに、と先月グーグル・サイトマップに登録&送信した物販アフィリブログ2本についてインデックス(クロール)されているかを確認したところ、2本とも未だに「インデックスされていません」・・・



 まあ何れも新規に登録したサイトということでなかなかクロールしてもらえていないということなのですが、以前、グーグル・サイトマップ登録後の検証例を記事にしている身として、正直ちょっとがっかりです・・・



 待つのみですね・・・





 ところで、SEO絡みで、「NIKKEI NET」に今日付で『「湯に黒」をただの誤変換と侮るなかれ』というコラム記事がアップされています。



 記事タイトル中の”湯に黒”とはあの「ユニクロ」の誤変換文字として記事中にて紹介されたものなのですが、この”湯に黒”でもなんと検索エンジンで4桁の検索件数が挙がってきたとか・・・




 そんなアホな・・・ふと思ってしまった私。



 しかし、これがネットの真実というものでしょう。



 この例に限らず、誤変換文字で検索エンジンで引っかかってしまうのはよくあることです。





 また記事では、グーグル等の検索エンジンに報道機関のWebサイトまでもが振り回されているような有様も紹介されています。




 大手新聞社といえども、ネット上では、一人でも多くの人に目にしてもらうべく、あっぷあっぷしていたんですね・・・




 ましてや一個人に過ぎない私なんか・・・




 でもネット上で物書きやアフィリエイト等をしている以上、SEOは不可避なもの。




 永遠の課題に見えたりして・・・
posted by inobuta at 23:59 | Comment(6) | TrackBack(1) | 雑談
2006年11月13日

電気の取り入れ口(コンセント)からインターネット!?・・・アダプタ発売へ

 インターネットの回線として思いつくもの・・・



   電話線(アナログ&ISDN、ADSL)
   CATV
   光ファイバーケーブル
    ・
    ・


が真っ先に出てくるところですが・・・



コンセント経由で高速家庭内通信――松下電器がPLCアダプターを発売



これは今日(11月13日)に「NIKKEI NET」に掲載された記事なのですが、なんと”電気のコンセント”からのインターネット接続のアダプタだとか・・・



 怖いですねぇ(感電しそう!?)・・・そして大丈夫かしら、電気の通り道に情報を流してしまって。



 でも研究が進められていたんですね、電線を使ってのインターネット。



 しばらく見守りたいと思います〜
posted by inobuta at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談
2006年11月12日

無線LAN接続、来年から改善か!?

 ちょっと「NIKKEI NET」から拾い読みしてみました。




 昨日(11月11日)、「NIKKEI NET」にアップされた『無線LANの通信速度10倍に、総務省07年5月から』というタイトルの記事ですが(タイトルをクリックしますと別窓で記事ページに行きます)、これによると、商務省が来年(2007年)5月から無線LANの通信速度を10倍以上に高めて光ファイバー並みと出来るよう省令を改正する、とあります。




 例えば私の場合、自宅でのネット接続は、確実性の観点から、全てLANケーブルによる有線接続としているわけですが、今回の省令改正に伴って、有線LAN接続と比べて速度面でどうしても劣りがちな無線LAN接続も有線並みの速度により近づくことが出来るわけで、期待しています。




 外出先でのブロードバンド接続がこれによってグンと快適になりそう・・・



 楽しみです!
posted by inobuta at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談
2006年11月07日

SNSに思う・・・

 日本でSNSといえば、まず挙げられるのはやはり「ミクシィ」(mixi)でしょう。



 一方、ITの本場アメリカでは「マイスペース」(My Space)がSNS最大手といわれています。





 その「マイスペース」が、このほどソフトバンクとの提携により、いよいよ日本にやってくるとのことです。





 実はこの「マイスペース」と「ミクシィ」、設立時期がほぼ同じらしいのです。



 にもかかわらず会員数では、「ミクシィ」が現在600万人ともいわれているのに対し、「マイスペース」は全世界でなんと1億(日本の人口並みか!?)!





 ご存じのように「ミクシィ」は入会に際して既会員からの招待を要する”招待制”を採っているわけですが、これに対して「マイスペース」では、巷の会員制サイトと同じく、誰でも入会が出来る”(任意)登録制”を採用しており、これが会員数の差となって現れている、といわれています。





 それにしても、私も知りませんでした。「マイスペース」が誰でも入会可なんて・・・



 あのマドンナ等の著名人も会員になっているというのに・・・



 でも、人の輪の中に入るのが大の苦手な私・・・ただ静観あるのみと考えています。





 こんな私ですが、実は「ビズコム」の会員になっています・・・



 これって、大いなる矛盾・・・・・・





 ゴメンナサイ!今回はこのあたりで
posted by inobuta at 23:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談
2006年10月21日

社会を風刺したGIF動画等が楽しめる硬派のブログ・・・気分転換として

 いかがお過ごしでしょうか。





 さて、今回はアフィリエイトなどのネット稼ぎ活動とは関係ない話になりますが、気分転換ということで・・・



 実は去る10月13日の記事『ブログのテンプレートの話(独自配布について;シーサーブログ向け)・・・』に於いて、その前座として携帯電話に関する話を記しましたが、この前座の内容に対すると思われるトラックバックがありました。

続きを読む
posted by inobuta at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。